洗顔石鹸を使った正しい洗顔方法とは

せっかくの洗顔石鹸であっても、使い方を間違えると、逆にお肌を傷めることがあります。にきびが治らないのも、それが原因かもしれません。どんな石鹸でも共通する、正しい洗顔方法を知っておきましょう。

こすってはいけません

洗顔方法のセオリーは、こすらないことです。

まずは石鹸を手で泡立てましょう。十分な量となればそれを顔に優しく塗りましょう。柔らかくマッサージをする要領です。ここでのポイントは、汚れをこすり取るのではなく、浮かせて取り除くことです。

濯ぎを十分にしましょう。石鹸成分がお肌に残っていると、それがにきびの原因にもなります。特にあごの裏辺りは残りやすいですよ。ここでもこすってはいけません。水で流すような感じです。

この際はぬるま湯を使いましょう。体温程度がおすすめです。冷たすぎや熱すぎは、刺激が強すぎて皮膚を傷めます。

洗顔後、水分は確実に取り除きましょう。水分が残っていると、それが細胞からの水分蒸発も促します。とはいえタオルでゴシゴシ拭いてもいけません。優しく上から押さえるように、水分を吸い取りましょう。

洗いすぎてもいけません

顔は洗いすぎてもいけません。

基本的に1日に3回以上洗ってはいけません。どんなに優しい成分であっても、顔から必要な皮脂まで洗い落としてしまいます。これが乾燥肌、にきびの原因でもあります。

当たり前ではありますが、洗顔する前に手を洗いましょう。またキレイなタオルを使いましょう。もったいないかもしれませんが、タオルは頻繁に交換し、よく乾いたものを用意しましょう。