全身に使える洗顔石鹸

洗顔石鹸は顔を洗うためのものなんですが、ボディに使うこともできますし、洗髪もする事ができます。
髪の毛を洗うとなると、洗顔石鹸はアルカリ性なので、ゴワゴワしてしまうのですが、トリートメントなどで中和すれば元に戻ります。

汚れが落ちにくいというデメリットがある

何故洗顔石鹸を全身に使おうと思うのかという事も気になりますが、肌には弱酸性がいいというのは本当らしいんですが、弱酸性だと洗浄力がなく、汚れが落ちにくいというデメリットがあるのです。
そのため、界面活性剤などの成分が使われるようになるわけですが、弱酸性で肌に優しいと言いながら、身体に有害なものを配合してしまえば、弱酸性の意味もありませんよね。

無添加といいながら、化学合成物質が含まれているものなどもありますし、肌には一番何がいいのかということになると、有害物質が使われていないものが安全という事になるため、洗顔石鹸を使いたい・・ということになるのですね。

肌は石鹸の作用により、アルカリ性になってしまいますが、自然に弱酸性に戻る力がありますので、それほど心配するようなことではありません。
毛髪はアルカリ性に弱いといわれることもありますが、頭皮の汚れはアルカリ性の方がいいということなので、湿疹などができている時は、洗顔石鹸を使って頭皮の状態を改善するのもいいと思います。